トレインキッズ施設紹介動画

12月イベントのご案内

ストリートビューでトレインキッズの施設内を見学できます

 

子供の将来についての不安はありませんか?

理解をされず孤立しないか
コミュニケーションが苦手で自分から積極的に関わることができない

得意な事を見つけられるか
得意な事や自信をもてる事はなんだろう。何かを見つけて伸ばしてあげたい

学校はどこに通うべきか
普通級か支援学級か特別支援学校なのか、どこに通うべきか分からない

どんな仕事に就けるのか
達成感や得意な事が活かせる仕事に就けるよう可能性を広げてあげたい

自立して生活できるのか
将来自立した生活が送れるよう必要な事を身につけてほしい

親亡き後の事・・・
親亡き後どこで生活をしていくのか、お金の管理をどのように考えるべきか

 

トレインキッズのコンセプト

・電車好きの子供達が仲良くなれる電車のある放課後デイ
・子供達が自分のペースで楽しむ放課後デイ
・小学生から高校生になっても通いたくなる放課後デイ
・お洒落なカフェのような環境でPCが学べる放課後デイ

知的障がいや発達障がいのある子供達は友達とのコミュニケーションが苦手・・・。
そんな子供達でも共通の「好きな事」であれば会話も弾んで仲良くなる事ができるはず。

子供達が学校から帰ってきてホッと息抜きできる「第二のマイホーム」になれるような放課後デイを目指します

トレインキッズについて

icon7

将来の社会的自立を目指した支援

挨拶や援助要請などのコミュニケーションスキル・身辺自立の為のトレーニングはもちろんの事、就労を見据えてパソコン(Excel・Word・画像や動画制作等)等の将来の自立や就労に必要なスキルを身につけられる支援を行っております。

icon15

保護者の方への情報発信

お子様の将来を考えると福祉についての情報を多く収集していく事が大切です。私たちの施設内にカフェスペースを設けていますので珈琲を飲みながらお役に立てる情報のご提供やお悩み相談、お子さまも交えてのペアレントトレーニング等にご利用していただきたいと思います。

icon3

代表者も保護者です

代表者は発達障がいのお子さまを預かる施設の運営者であると同時に、2人の知的・発達障がい児を育てている保護者でもあります。保護者としての立場からも子供たちの将来に何が必要かを考えて施設を運営しています。

トレインキッズ 代表者

小原 一平(おはら いっぺい)
大阪市都島区出身

トレインキッズ開業までの経緯
我が家では長男が3歳の時に知的障がいを伴う自閉症と診断されました。
診断された当時は本当にショックと同時に不安になり、「何か改善される見込みはあるのではないか?」「言葉が出れば一気に状況が変わるのではないか?」と考えて、闇雲に情報を集めながら複数の児童発達支援に通わせ、私自身も自由に動ける時間を確保する為に当時勤めていた不動産会社も退職して不動産業で独立。
令和2年9月に株式会社トレインキッズを設立し、令和3年6月に放課後等デイサービストレインキッズを開業しました。
代表者の想いこちら

気になる事がありましたらお気軽にご相談ください

お問合せはお気軽にこちらからどうぞ

ご利用の流れ

  1. まずは電話やメールでお問い合わせください
    なるべく営業日2日以内に返事致します。万一返事がない場合はメールサーバーのエラーも考えられますので再度お問い合わせいただけると幸いです。
  2. 親子で見学にきてください
    ご利用内容の説明をさせていただきます。お気軽にお越しください。(受給者証をお持ちの方はご持参ください)
  3. ご利用契約
    個別の支援計画を作成し、ご利用契約を行います。詳細はスタッフにご相談ください。

ご利用の流れ詳細はこちら

一日の流れはこちらから

放課後デイサービスのご利用方法

Q:放課後デイサービスとは?
A:小学校1年生から高校3年生までの障がいを持ったお子様、発達に特性を持っているお子様が利用できる福祉サービス施設です。

Q:放課後デイサービスに通うためには?
市区町村が発行している受給者証が必要です。障がい者手帳や療育手帳、医師の診断書がある場合等に発行されます。

Q:利用料金について?
利用額の1割がご利用者様の負担となります。(所得にもよりますが一般的には上限4600円・非課税世帯は0円です)

質問とお問合せはこちらから