【2024.4.23】今日の課題は『SST:好きなものをインタビューしてみよう』『SST:誰の課題かを考える』です!

こんにちは!放課後等デイサービス トレインキッズです🚃

本日もSST課題は「好きなものをインタビューしてみよう」を行いました📝

この課題では「好き」なものを聞くことでコミュニケーションを図り、自分の「好き」なものを共有したりたりすることでお互いに関心を深めるのが目的です😉

本日は少人数のグループに別れて活動に取り組みました。

「○○くん、いまお話してもいいですか?」と丁寧に伺い方の練習や、「○○くんの好きな遊びはなんですか?」とお互いに質問をしてインタビューをしました🎤

少し恥ずかしそうに相手の子に質問したり、聞かれた質問に対して相手に聞こえる声で答えたりなど、これまでの課題で取り組んできた事を思い出しながらみんな活動に取り組んでくれました。☺️

自由時間ではレゴやオセロをしたり、なぞなぞをしながら過ごすことができていた一日でした😌

続けて本日のアネックスの様子です😁

昨日に続いてSST 課題のテーマは「誰の課題かを考える」を行ないました!

課題の狙いとして
①自分のやるべきことか相手のやるべきことかを明確にする
②この行動の結果を最終的に引き受けるのは誰のなのかを考える
の2点を設定して取り組みました😊

まず初めに相手にしつこく言われてしまったこと、言ってしまったことがあるのか確認しました!
「お友達がうるさくてうるさいってしつこく言ってしまった」
「しつこく言われるのうざい」
と答えてくれました✌️

自分の課題に対して、
「まだやってないの?」「早くしなあかんで!」
と他者からしつこく言われるとどんな気持ちになるか聞くと
「嫌な気持ちになる」「腹が立つ」「今やろうと思っていたのになんやねん」
と嫌な気持ちになったり、やる気がなくなると理解出来ていました🤩

自分がしつこく言われて腹が立ったり、嫌な気持ちになることを相手にもしてはいけないと伝えると、
「そうやな」「確かに」と納得してくれました😄

次に行動の説明を読んで誰の行動なのかを考えてもらいしました

●お父さんの仕事が忙しそうだ
→「これはお父さんの課題だ!」

●弟が部屋の片付けをしない
→「お母さんかな?」「いや弟だ!」
と誰の行動であるのかきちんと理解していました😊

まとめとして、
課題を分離して考えることは人と付き合うときの大切な考え方です!
相手の課題に過度に干渉することでケンカに発展する可能性が高くなるので、
・自分は自分の課題だけに集中する
・お友達の課題はお友達が取り組む
・お友達を心配する気持ちはとても大事ですが干渉をせず見守る
が重要であると言う事を説明して今日の課題を終えました!

他者の行動を気にし過ぎずに、自分にできることに集中して、人間関係のストレスを軽減・自己肯定感を高められるといいですね!

自由時間ではロブロックスをしたり、マイクラをしたり、ゴルフのパターのお友達やスタッフと一緒にマリオカートを楽しそうにして過ごしていました😊

次回のイベントは、

4/27(土)「外出支援(花園中央公園⛲️)

<5月のイベント>
5/11(土)「バーベキュー🍗」
5/18(土)「フットサル⚽️」
5/25(土)「王子公園🐨」

また見学に来てくれるお子様をまだまだ募集しておりますので、お気軽にお問合せください✨

360度カメラでトレインキッズの施設内を見学できます!


360度カメラでアネックスの施設内を見学できます!



宜しくお願いします。

トレインキッズの店舗情報

【住所】都島区都島北通2‐1‐25
【電話番号】06‐6167‐7737
【HP】こちら
【問い合わせフォーム】こちら
【instagram】trainkids1
【YouTube】放課後デイ【トレインキッズチャンネル】

#放課後デイサービス
#発達障害
#都島区
#Word
#文章入力
#SST
#タイピング
#電車
#ペーパークラフト
#電車好き
#プログラミング
#パソコン療育
#ビスケット
#スクラッチ
#英語
#タイピング
#ロールプレイ
#Excel
#マインクラフト
#動画制作


関連記事

  1. 今日のSSTは『 呼びかけられた時にどうする?』です!#放課後デイ #…

  2. 場面を見て気持ちを考えてみよう!‐放課後等デイサービス トレインキッズ…

  3. スクラッチでゲーム作りに挑戦!‐放課後等デイサービストレインキッズ‐【…

  4. 今日の課題は『SST:アドバイスをくれた人の気持ちは?②』『英語で遊ぼ…

  5. 今日の課題は『見て写そう、足してみよう、よく聞き分けよう』#放課後デイ…

  6. 年内最後の課題は『年賀状作り』『コミュニケーションゲーム』『トーキング…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。